banner

作成業者は様々

両面のみや片面のみとパンフレット作成業者は様々。

パンフレット作成は会社を持っている上では非常に重要なことです。会社のもう一つの顔として多くの顧客や企業に知ってもらうための方法がパンフレットです。このパンフレット作成を自分で行うとなると非常に時間・労力・費用が掛かってしまいます。さらにはクオリティの高いものが出来上がるとは限りません。では、こういった場合どうしたらいいのでしょうか?

それは、パンフレット作成を専門に経営をしている業者へ依頼することです。こういった業者でならすべての工程を代行してくれるため非常に助かります。提供している商品の内容はパンフレットの場合、多くのところがA4サイズで4・6・8・12・16・20ページとあります。加工の種類は二つ折りと巻き折り・Z折、観音折・外四つ折り、中綴じなどとなっています。

場所によってA4サイズの他にB5サイズなども取り扱っているところもあります。またこういったところではパンフレット以外に会社案内やリーフレット、カタログ、チラシ、ポスターなどの作成も行っています。次は発行してくれる部数についてですが、これは業者によって最低発行部数と最高発行部数は異なりますので注意してください。100部から発行が可能なところや500部や1,000部、3,000部、最高だと1,000部や3,000部、5,000部などと様々です。色も業者によって異なり両面フルカラーだったり片面がカラーや全て白黒などとあります。コストを低く抑えたいという方は4ページの二つ折りがお薦めです。こちらは、シンプルなつくりとなっているため必要最低限の情報を載せてくれます。

会社の情報の他に製品の紹介や商品解説なども載せたいという方は6ページの三つ折り型や8ページの観音折型などがお薦めです。料金は発行部数や色などの仕様によって変わりますが、4ページの二つ折りで発行部数が100部でフルカラーの場合だと50,000円前後~80,000円前後です。同様に8ページの場合だと100,000円前後~150,000円前後となっています。

こういったところでは基本のプランとは別にオプションも付けることができ、ディレクターによって企画構成をしてもらうもの、英語の翻訳、リライティング、取材そしてライティング、カメラマンによる写真撮影またはスタジオでの撮影、スタジオの貸し出しなども提供してくれます。

最後にパンフレット作成を行いたいという方は専門の業者へ依頼することをお薦めします。サービスの内容は業者によって異なりますので事前に調べておいてください。両面カラーや片面カラーとよく見ないと間違ってしまう可能性がありますので注意してください。またインターネット上には多くの業者が存在しますので中には悪徳なところもありますので気を付けてください。

Copyright © 2017 パンフレット作成の豆知識、印刷の方法について All rights Reserved.